しみやしわと紫外線

しみやしわは、全ての女性にとって避けては通れない美の難関です。しみやしわの存在は、まだ若く肌がみずみずしい時代は肌をきれいに見せる方に関心が向きがちです。本来なら、しみやしわ対策はまだしみもしわも見えないうちからしておくべきです。
太陽光をまともに浴びるとしみやしわの元になりますので、しみ対策は紫外線対策が必要です。お肌のしみとなるメラニン色素は日光にさらされた肌に作られやすくなりますが、細胞の代謝が落ちるとメラニン色素は留まってしみになります。紫外線を遮る服装や日焼け防止クリームを活用し、できるだけ肌に日差しのダメージがいかないようにしましょう。
しみ以外にも、しわも紫外線で作られます。肌を保湿ししわのないふっくらとした肌を維持するためのコラーゲンは紫外線に当たると壊れてしまうので、しわの原因になるのです。しみやしわ対策として昔から日焼け予防をしていると、後々の肌に違いが出ます。
今後とも、長時間外に出る時は紫外線カット効果のある日傘や防止を活用するなどの工夫をして、できるだけ紫外線にさらされずに肌の状態を維持していきましょう。紫外線の肌への影響を考えると、しみやしわが出来てしまってからお肌の対策をするのでは少し遅いといえますね。
いつまでもきれいな肌でいつづけるためには、しみやしわをカムフラージュするのではなく予防するという考えを持ちましょう。