二重になる方法なら人気のアイプチ

二重まぶたになるためアイプチを使うという方法があります。多くの人が、自分でまぶたを二重にするためにアイプチを使っているようです。
一重のまぶたを二重にする方法としては整形手術が代表的ですが、アイプチは安価にできてどんな人にでも使えるものとして、人気の高い商品です。様々なタイプのアイプチが販売されており、まぶたの形に合わせてちょうどいいアイプチを選択できます。
シール型のアイプチがかつては多く、まぶたに貼ったシールによって二重を形成していました。近年は液体タイプのアイプチをよく目にするようになり、傍目からはアイプチだとわかりにくくなっています。このアイプチは、つけてからしばらく経つと透明になるので、化粧で手軽に隠してしまえるというわけです。
液体タイプのアイプチは、まぶたの二重にしたいラインに沿って塗りつけます。その後、専用の棒を使って、ラインに沿って押し込むようにひだを作っていきます。塗った直後は見分けがつきますが、しばらく放置しておけば透明になりますので、かなりわかりにくくなるようです。アイプチを塗った上に薄くファンデーションやアイシャドーを使えば、カムフラージュは完璧です。アイプチは非常に手軽に使えて頼りになるメイクグッズですが、デメリットもあります。
アイプチの使いすぎが、まぶたの腫れや肌荒れの原因になることもあります。まぶたはとても繊細な部分ですから、アイプチを休む日を設けたり、クリームなどでまぶたの皮膚のケアをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です