ヒアルロン酸による豊胸のメリットとデメリット

バストをプチ豊胸で大きくする長所はどのようなものでしょう。これまでの豊胸手術と違ってプチ豊胸はメスではなく注射針でヒアルロン酸を注入するため、痕跡が残りません。
ヒアルロン酸は液体なので、注射で体内に注入する分量や位置で豊胸の度合いが調整できること、手術そのものに時間がかからないことも長所といえます。胸の谷間や脇など、望む場所に対してのプチ豊胸を施すことができます。
ムコ多糖類に分類されるヒアルロン酸は、皮膚の内部に元々存在し体内の水分を保持しています。体の一部としてよく馴染み、アレルギー反応や拒否反応を示す可能性もほぼありません。コラーゲンは原材料によってアレルギーテストが必要ですがヒアルロン酸はそれがなく、シワ取りなどにも用いられます。
デメリットは、ヒアルロン酸は体内に吸収される物質なので、豊胸効果が3~4年で無くなってしまう点です。理想的な胸の形を維持するにはヒアルロン酸を注入しすぎてはよくありませんし、注入しすぎは費用がかかるばかりでよくありません。
プチ豊胸にかかる費用は、50万円~80万円ほどです。しかし、注入されたヒアルロン酸は一定期間で体内で分解吸収されるので、豊胸を保つには再注入が必要になります。事前にしっかりと調べて納得のいく豊胸施術を受けていただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です